DVについて相談

もしDVの被害を受けているならばすぐに弁護士に相談をするべきでしょう。そうすれば問題解決のために弁護士が真剣に取り組んでくれます。

包帯日本ではDVが増えています。特に女性からの相談がたくさんあります。配偶者の暴力に関する相談のほぼすべてが女性からの相談となっています。夫が妻を不当に悪いと責めて暴力をふるってしまうのです。暴力というのは犯罪であり、しっかりと対処しなければいけません。

たとえば弁護士に相談をすれば、裁判所に対して保護命令を申し立てることができるのです。これによってDVをしている側に対して接近禁止命令や退去命令、電話等禁止命令を出すことができます。弁護士というのはDVの被害者に対して暴力から保護したり、警察に対応を要請したり、保護命令を申し立てるといったサポートをしてくれます。さらには離婚手続きも行ってくれるのです。さまざまな形でDVの被害者を救済するための努力をしてくれます。とても頼りになる存在といえるでしょう。

DVの被害を受けている方は自分に落ち度があるのではないかと考えることが多いです。しかし、どのような理由があったとしても暴力をふるうことを正当化することはできません。DVの被害にあっているならば、すぐに弁護士に相談しましょう。

【参考記事】
離婚について相談
不倫の慰謝料請求
弁護士への相談