不倫の慰謝料請求

不倫の慰謝料請求

浮気不倫12

慰謝料弁護士に相談できることの一つとして不倫された場合もあります。

弁護士を利用する理由として不倫の慰謝料請求というのはよくあることです。

もし配偶者が不貞行為をしたならば、弁護士に相談をして手伝ってもらうことによって、慰謝料請求ができるでしょう。

弁護士ならば代理人として行動することができます。たとえば相手方との交渉はすべて弁護士に任せることができるのです。そのため、相手方と顔を合わせたくないという場合でも弁護士を利用すれば、交渉や話し合いなどは直接会う必要がなくなるため精神的な負担が軽減されるでしょう。

話し合いで解決しない場合には訴訟をすることになります。

その際の手続きについてもすべて弁護士に任せられるでしょう。裁判をするというのは大きなプレッシャーがかかってしまうかもしれませんが、基本的にすべて弁護士がやってくれるため結果を待つだけで良いのです。慰謝料請求の場合はできるだけ証拠を集めて有利な立場で交渉を進めていくべきです。

どのような証拠を集めるべきか弁護士がアドバイスをしてくれるでしょう。また、慰謝料の額を決定する際にも弁護士が相場や過去の事例を考慮しながら助言してくれます。無理のない範囲で慰謝料を設定できるでしょう。

DVについて相談